【シルクロードステークス. 2024】
【出走予定/注目馬】
【追い切り後/調教師コメント】


【2回京都.2日目】
【2024年/1月28日(日曜日)】
【第29回.シルクロードステークス/ G3】
【4歳上/芝1200m】


『シルクロードステークス. 2024』の『最終/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。




【東スポweb】【www.tokyo-sports.co.jp】
【日刊スポーツ】【www.nikkansports.com】
【スポーツ報知】【www.hochi.co.jp】
【スポニチアネックス】【m.sponichi.co.jp】
【サンスポ.COM【www.sanspo.com】
【中日スポーツ】【www.chunichi.co.jp】
【デイリースポーツ online】【www.daily.co.jp】




image






【更新情報】
水曜日・木曜日に行われる注目馬の『最終/追い切り後/調教師コメント』も、今後掲載していきます。
(情報量が多く、形容詞の少ない記事を優先)


《24日(水)最終追い切り》
◆アグリ
◆オタルエバー
◆バースクライ
◆ルガル

◆エターナルタイム
◆ホープフルサイン




《関西馬・栗東》


◆アグリ
【牡5/安田隆厩舎】


《24日(水)最終追い切り:栗東》【報知】
阪神C3着のアグリ(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎、父カラヴァッジオ)は2週連続で坂井瑠星騎手が騎乗し、坂路を単走。シャープな脚さばきで加速ラップを刻み、53秒1―12秒0をマークした。坂井騎手は『先週は緩く感じたけど、だいぶ良くなっている』と振り返った。

【安田隆調教師】
「シャープに上がって来ていたので良かった」と満足げな表情。前走は残り約50メートルで抜け出したが、ゴール前で外からウインマーベルにとらえられ、さらに外のグレナディアガーズにも鼻差敗れた。「『よっしゃ』と思ったが、最後で鈍って、苦い思いをした」と指揮官。「在厩で負荷をかけて、いい状態をキープしている。今回は結果を出してほしい」と重賞2勝目に期待をかけた。



◆オタルエバー
【牡5/中竹厩舎】


《24日(水)最終追い切り:栗東》【サンスポ】
昨秋から3勝クラス→Lと連勝中のオタルエバーは、栗東坂路で前半からしっかり追われ、4ハロン49秒7、ラスト1ハロン12秒6。開門から30分以上経過した時間帯で素晴らしいタイムを弾き出した。迫力満点の動きで、変わらずの好調ぶりが伝わってくる。

【中竹調教師】
「今は充実期に入っていると思う。カイ食いもいいし、動きも上々。今の京都の馬場も合っている」と、中竹調教師はVを意識していた。



◆バースクライ
【牝4/千田厩舎】


《24日(水)最終追い切り:栗東》【サンスポ】
バースクライは主戦場を芝6ハロンにチェンジすると、1勝クラスから3連勝で一気にOPまで上がってきた。栗東CWコースで単走。楽に前半を行き、4ハロン過ぎからピッチを上げて直線へ。余力十分にラスト1ハロンを11秒4(6ハロン85秒7)で駆け抜けた。前走からさらに調子を上げている。

【千田調教師】
「いい感じ。上滑りしそうな馬場だったらしいけど、いつもどおりの動きで11秒4。6ハロンへシフトしてからはストレスがなくなり、OPなら流れるので、より気分良く走れると思う。あとは馬場。切れ味勝負の馬なので、今の京都がどう出るか」と千田調教師。力の要る馬場がカギになる。



◆ルガル
【牡4/杉山晴厩舎】


《24日(水)最終追い切り:栗東》【東スポ】
ルガルは坂路で単走。力強い脚さばきを披露して4ハロン53・4―11・4秒をマークした。過去に3度、重賞に臨んで2、4、2着。勝ち切れない競馬が続いているが、冬の淀で今度こそ悲願の重賞タイトル奪取となるか。

【杉山晴調教師】
「道中しっかり我慢させて、ラスト1ハロンだけという形。反応も良かったですし、もともとスピードがありますからね。前走(京阪杯2着)は欲をいえばスタートを五分に出たかったです。馬場は不問ですし、先週くらいの馬場でもいいと思います」と好感触。











にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村



単勝・複勝ランキング







《関東馬・美浦》


◆エターナルタイム
【牝5/中川厩舎】


《24日(水)最終追い切り:美浦》【日刊スポ】
エターナルタイム(牝5、中川)は美浦ウッドで2頭併せ。外キョウエイジョイ(古馬1勝クラス)を5馬身半前に行かせた。3~4角で一気に差を詰め、直線でも余力を保ったまま2馬身先着した。前走富士Sからやや間隔を空けてじっくりと立て直された印象。

【中川調教師】
「いい感じで来ています。カイ食いも心配ないし、お母さんと一緒で体が大きくなっている」と進境を感じ取った。



◆ホープフルサイン
【牡8/本間厩舎】


《24日(水)最終追い切り:美浦》【サンスポ】
タンザナイトSで2着と変わり身を見せたホープフルサインは、美浦坂路の外めを回り、馬なりで4ハロン54秒9、ラスト1ハロン12秒4。8歳とは思えない素軽い脚取りで、衰えを一切感じさせなかった。

【本間調教師】
「この中間も脚元は大丈夫。1頭になるとソラを使うところがあるので、前走のように馬ごみで前に壁を作ったほうがいいタイプ。気性的に難しいところがあるけど、うまく力を出せれば」と手応えを感じさせた。









【シルクロードステークス. 2024】
【追い切り】

◆シルクロードステークス. 2024. 出走馬
◆YouTube 追い切り動画です。
【JRA公式チャンネル】



◇シルクロードステークス.2024.追い切り