【ジャパンカップ. 2022/結果】


『第42回. ジャパンカップ・G1』 が、2022年.11月27日(日曜日)に、東京競馬場.芝2400m.で行われました。


1着馬は、3番人気ヴェラアズール(R.ムーア騎手)。2着馬は3/4馬身差で、1番人気シャフリヤール。3着馬はさらにクビ差で、4番人気ヴェルトライゼンデが入りました。


【勝ちタイム】2分23秒7(良)


☆ヴェラアズール【5歳・牡馬】

【厩舎】栗東・渡辺薫彦厩舎
【父】エイシンフラッシュ
【母】ヴェラブランカ
【母父】(クロフネ)
【通算成績】22戦6勝





☆ジャパンカップ.2022.レース動画



image





【ジャパンカップ. 2022】
【レース.後】
【騎手・調教師・コメント】


1着.ヴェラアズール(R.ムーア騎手)

「この2年間、日本に来られなかったので、また日本に来られたことをとても嬉しく思っています。跨ったときから、感触はとても良く感じていました。前が塞がってしまったことが何回かありましたが、鋭い脚でゴールを切ることができました。とても素質のある馬だと感じていましたし、レース前は、他の馬こともよく調べました。とても強い馬だと思います。位置取りも良いところがとれましたし、塞がってしまったときは心配してしまったのですが、道が開いてからはうまくぬっていくことができました。最後前が開いたとき「勝った」と実感しましたし、ホッとしました。素質のある馬ですし、最高峰といえるジャパンカップを勝ったので、強い馬だと思います。 私がここにいられるのは、サポートしてくださる関係者の皆様のおかげなので、感謝の思いを伝えたいです」

【渡辺薫彦調教師】
「デビュー前に色々トラブルがあってデビューも遅れ、馬体がとにかく大きく立派でしたし、脚元に不安のきやすい体格でしたから、長く現役を続けるためにとダートを使いました。ダートでも走っていたので、中々芝に切り替えるタイミングがありませんでしたが、どこかで芝を使いたいとオーナーサイドとも話していましたし、芝向きではないかと思っていました。本当に一戦ごとに強くなっていますし、まだまだ良くなってくると思います。今後については未定です。レースは混戦でしたし、最後は興奮して立ち上がっていました。調教師となりGⅠ制覇を夢見てやってきましたが、まさかジャパンカップで初制覇になるとは思っていませんでした。本当に嬉しいです。この馬は想像を超えた走りをしてくる馬で、僕自身も楽しみにしていますし、応援してくれたらと思います」




2着.シャフリヤール(C.デムーロ騎手)

「スローペースで団子状態、外、外を回っていくしかありませんでした。直線で外に出してからも左にもたれていましたが、最後まで良いレースができました。 勝った馬にうまく内から来られてしまいました」



3着.ヴェルトライゼンデ(D.レーン騎手)

「内の枠から良いスタートを切って、ペースが遅い中、良い位置でレースができました。手応えがありながらも折り合いもついて、前が開いたら瞬発力を見せてくれました。 満足のいく競馬でしたが、2頭が強かったです



4着.デアリングタクト(マーカンド騎手)

「ゲートになかなか入らなかったように、かなり入れ込んで消耗してしまいました。良いスピードがある馬なだけに残念な結果です」



5着.ダノンベルーガ(川田騎手)

「何より結果が出なかったのがとても残念です。申し訳なく思います」



6着.グランドグローリー(ギュイヨン騎手)

「最終コーナーを回ったあたりから前が詰まって、思うように乗ることができませんでした」



7着.オネスト(ルメール騎手)

「ペースが速くなくて、内からスペースを探したけど見つからなかった。馬は頑張ったけどアンラッキー」



8着.カラテ(菅原明騎手)

「ある程度いい位置で競馬できた。まじめすぎるところがあるのでまじめすぎるところがあるので、2400メートルは少し長いのかも」



9着.テュネス(ムルザバエフ騎手)

「ゲートになかなか入らなかったように、かなり入れ込んで消耗してしまいました。良いスピードがある馬なだけに残念です」



10着. Mデムーロ(ユーバーレーベン)

「今日の馬場は後ろから伸びないので向こう正面で動かざるを得なかった。最後は気持ちが抜けた」



11着.ハーツイストワール(武豊騎手)

「思い通りのレースはできた。一瞬抜け出しかけたけど、さすがに相手が強かった」



12着.松山騎手(シャドウディーヴァ)

「ゲートが開く前にゴソゴソした。最後は脚を使ってくれたけど、この形だと厳しかった」  



13着.丸田騎手(トラストケンシン)

「タイトなところで我慢して走ってくれたが、まわりが強かも」



14着.テーオーロイヤル(菱田騎手)

「思った通りには運べたけど、4角でいつもほど手応えがなかった
メント



15着.シムカミル(ブノワ騎手)

「逃げ馬の後ろで気持ち良く走ることができましたが、最後は加速できませんでした。まだ幼いところがあるのでもっと経験を積んで、また来年帰ってきたいと思います」



16着.ユニコーンライオン(国分優騎手)

「うなって行ってくれれば良かったが、これで後ろを離せなかったら仕方がないと思って乗っていた。頑張ってくれた」



17着.ボッケリーニ(浜中騎手)

「馬場も硬くて、スピードを要求される馬場。なんとか好位で競馬できたけど、どこかでもぐりたかった」



18着.リッジマン(石川騎手(=18着).

「スムーズに走れていた。ラストはいっぱいいっぱい」



【keiba.radionikkei.jp】
【www.hochi.co.jp】
 




にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村



単勝・複勝ランキング