【宝塚記念. 2020】
【注目馬】
【追い切り後/調教師コメント】


【3回阪神.8日目】
【2020年/6月28日(日曜日)】
【第61回.宝塚記念/ G1】
【3歳上/定量/芝2200m】


『宝塚記念. 2020』の『最終/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。




【東スポweb】【www.tokyo-sports.co.jp】
【日刊スポーツ】【www.nikkansports.com】
【スポーツ報知】【www.hochi.co.jp】
【スポニチアネックス】【m.sponichi.co.jp】
【サンスポ】【www.sanspo.com】
【中日スポーツ】【www.chunichi.co.jp】


image



【更新情報】
水曜日・木曜日に行われる注目馬の『最終/追い切り後/調教師コメント』も、今後掲載していきます。
(情報量が多く、形容詞の少ない記事を優先)


《1週前.追い切り》
◆クロノジェネシス
◆サートゥルナーリア
◆ラッキーライラック

◆グローリーヴェイズ
◆ブラストワンピース

《23日(火)朝の表情》
◆クロノジェネシス
◆サートゥルナーリア
◆ラッキーライラック

◆グローリーヴェイズ

《24日(水)最終追い切り》
◆アドマイヤアルバ
◆アフリカンゴールド
◆カデナ
◆キセキ
◆クロノジェネシス
◆サートゥルナーリア
◆スティッフェリオ
◆ダンビュライト
◆トーセンカンビーナ
◆ペルシアンナイト
◆メイショウテンゲン
◆モズベッロ
◆ラッキーライラック
◆レッドジェニアル
◆ワグネリアン

◆グローリーヴェイズ
◆トーセンスーリア
◆ブラストワンピース



《関西馬・栗東》


◆アドマイヤアルバ
【セ5/須貝厩舎】


《24日(水)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
リステッドでも苦戦続きのアドマイヤアルバが、一昨年のダービー(9着)以来となるG1参戦。最終追いはCWコースの併せ馬。先行したレッドミダス(3歳未勝利)に1馬身半先着。ラストは11秒9と悪くなかった。

【手綱を取った西村淳騎手】
「近走は集中して走れていない感じだが、調教の雰囲気は良かった。(20歳の西村淳はデビュー3年目でG1初騎乗)オーナーや須貝先生、厩舎関係者に感謝している。アドマイヤアルバの能力を発揮できるように頑張りたい」



◆アフリカンゴールド
【セ5/西園厩舎】


《24日(水)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
2桁着順が続くアフリカンゴールドは、大一番での脚質転換があるかもしれない。西園師は『今回はハナでもいいと思っている。とにかく気持ち良く走らせたい』と策を練る。追い切りはCWコース単走で、6F80秒9~1F12秒5。時計こそ悪くないが動きは、やや地味。

【西園調教師】
「出来は凄くいい。条件こそ違うけど(中京の)2200メートルではぶっちぎって勝ったこともあるからね」



◆カデナ
【牡6/中竹厩舎】


《24日(水)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
大阪杯4着以来となるカデナは、坂路単走でビシッと追われ、4F53秒1~1F12秒6をマークした。1週前には坂路で、自己ベストにあと0秒2と迫る4F51秒6を叩き出した。前走は強力メンバーを相手に0秒2差。6歳にして充実期に入り、ここも怖い。

【中竹調教師】
「いい動きだった。体調は良さそう。距離が延びるのも問題ない。バネが利いて一完歩が大きくなっている」



◆キセキ
【牡6/角居厩舎】


《24日(水)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
キセキが巻き返しへ気配アップだ。坂路単走で、自己ベストを1秒以上更新する4F51秒1。ウッドチップを豪快に蹴り上げ、ブレのないフォームで駆け上がった。昨年の2着馬、この舞台は悪くない。名手に復活を託す。

【角居調教師】
「いい状態をキープ。中間は人間の指示を上手に聞けるように調整。前走(天皇賞・春6着)は最後まで辛抱していたが、距離が長いかなと感じた」



◆クロノジェネシス
【牝4/斉藤崇厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
大阪杯(2着)以来の実戦となるクロノジェネシスは、北村友を背にウッド3頭併せで最先着。弾むようなフットワークで6ハロン80・7秒、ラスト1ハロン11・7秒をマークした。1週前にこれだけの負荷をかけられれば十分といえる。陣営は順調な調整ぶりをアピールした。

【斉藤崇調教師】
「前走は惜しい内容だったけど成長は示してくれたと思う。仕上がり早で雨馬場も気にしない馬ですから」



《23日(火)朝の表情:栗東》【東スポ】
大阪杯2着馬クロノジェネシスは、角馬場でじっくりと息を整えてから坂路を1本。

【和田助手】
「前回は勝ち馬が内をさばいてきたのに対して、こちらは外枠というのもありましたからね。トモがパンとして体重が10キロくらい増え、見た目にも良くなっています。馬場状態、コースを問わない馬で、これまでで崩れたのはエリザベス女王杯(5着)だけ。立ち回りの上手な馬だし、もちろん今回も期待しています」



《24日(水)最終追い切り:栗東》【東スポ】
クロノジェネシスは、主戦の北村友を背にウッドでステラリア(2歳未勝利)、ヒンドゥタイムズ(古馬オープン)との3頭併せ。道中は最後方から前を見る形で運んで、最後まで馬なりのままフィニッシュ。2番手追走のステラリアに半馬身ほど遅れたが、鞍上も無理をしたわけではなく、余力残しでラスト1ハロン11・8秒をマークしたように状態面の不安はない。

【和田助手】
「前走(大阪杯=2着)時よりも馬体が10キロくらい増えそうで、トモがパンとして見た感じも良くなっている。中間も落ち着きがあっていい雰囲気。立ち回りが上手で馬場、コースは不問。相手はさらに強くなるけど、前回は枠順の差もあったので条件さえかみ合えば」



◆サートゥルナーリア
【牡4/角居厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
金鯱賞(1着)以来となるサートゥルナーリアは、ルメールを背にウッド6ハロンから同じく宝塚記念出走予定のトーセンカンビーナ、ショパン(古馬2勝クラス)との3頭併せを行った。10馬身ほど追走する形でスタート、ムキになることもなく折り合いはスムーズ。直線は最内に進路を取り、楽な手応えのまま3馬身突き抜けた。2歳時から調教でも桁違いの脚力を見せつけてきたが、この日は馬なりのままラスト1ハロン11・3秒(6ハロン79・9秒)。ド迫力の動きでさらなる進化を印象付けた。

【ルメール騎手】
「馬体が大きくなって10キロくらい増えているみたい。ゆっくり追走して少しずつペースアップしたけど、反応、フットワークとも速くて乗っていても気持ちが良かった。前走はリラックスできてだいぶ大人になっていた。まだトップポテンシャルを見せていないけど、宝塚記念で見せられるだけのコンディションにある」



《23日(火)朝の表情:栗東》【東スポ】
金鯱賞快勝以来の実戦となるサートゥルナーリアは、坂路でキャンター調整を行った。

【滝川助手】
「テンションが上がりやすいので今回は早めに帰厩させて、じっくりと時間をかけてやってきた。思った通りの調教ができて、今までで一番いい状態でいけそう。前回が文句のつけようがないレースぶりだったし、馬場もよほどグチャグチャにならない限りは大丈夫だと思う。あとは普通にスタートを切ってくれれば」



《24日(水)最終追い切り:栗東》【東スポ】
サートゥルナーリアはダービー(4着)、天皇賞・秋(6着)での敗戦もあって、前走の金鯱賞は左回りを懸念された中での戦いとなった。そんな不安をよそにパドック、地下馬道でのイレ込みもなく、レースもスローな流れをきっちり折り合って完璧な内容での圧勝劇となった。『テンションが上がりやすいところがあるので、今回は早めに帰厩してここまで時間をかけて調整してきた。気性は相変わらず子供のままだけど、ようやくこの馬の性格が分かってきたかな。1週前にウッドでしっかりとやって当週は坂路をサラッと駆け上がる調整で結果が出たからね』。担当の滝川助手が話すように、調整パターンが確立されたことで全能力を引き出せるようになり、レースに向けての不安材料も解消しつつある。総仕上げとなる最終追いは、前回同様に坂路での単走。1週前はルメールが騎乗して、ウッドで6ハロン79・9、ラスト1ハロン11・3秒の猛時計をマーク。鞍上が絶賛したように寸分の狂いもない調整過程をこなしてきただけに『53~54秒くらいでいいけど少し速くなるかな』と、滝川助手は強い負荷の必要がない仕上がりをアピールしていた。そんな中で迎えた最終追いは、終始楽な手応えのまま4ハロン51・3、ラスト1ハロン12・2秒をあっさりマーク。ずばぬけた脚力を証明するとともに、大一番へ向けて究極の仕上がりを印象づけた。

【滝川助手】
「左回りは大丈夫と思っていたけど、前走は文句のつけようがない内容だったからね。ここまで思い通りの調教ができて、これまでの中で一番いい状態で出走できそう。梅雨時期だけど、よほどグチャグチャにならない限りは馬場もこなせると思う。(ゲートも)練習ではおとなしいし、普通にスタートを切ってくれれば」



◆スティッフェリオ
【牡6/音無厩舎】


《24日(水)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
スティッフェリオは坂路でダンビュライトと併せたが、手応えで見劣った上、3馬身遅れた。音無師は『充実期ではあるが、今日はダンビュライトに完敗だな』と苦笑い。4Fは52秒0と悪くないが、1Fは13秒0を要した。今春は日経賞3着→天皇賞・春2着。

【音無調教師】
「うまくタメを利かせて、しまいを生かしたい。ただ、道悪はマイナス」と明かし、週末の雨予報に不満顔だった。



◆ダンビュライト
【セ6/厩舎】


《24日(水)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
ダンビュライトは坂路で、同じく宝塚記念に出走するスティッフェリオと併せ馬。軽々と料理してみせた。4F51秒4~1F12秒5の好時計をマークし、ガラリ一変ムード。当日のテンションが鍵の馬で、無観客競馬はプラスか。ダートコースを通らずに本馬場入場できるのも歓迎だ。先行粘り込みに警戒だ。

【感触を確かめた松若騎手】
「思っていた以上に時計が出た。いい動き。距離が短くなるのはプラスだし、馬場が悪くなるのも大歓迎」



◆トーセンカンビーナ
【牡4/角居厩舎】


《24日(水)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
トーセンカンビーナは、坂路でエアウィンザー(6歳オープン)を追いかけ、ほぼ馬なりで首差先着。浜中とは18年12月の2歳500万下(現1勝クラス、7着)以来のコンビだが、追い切りに2週連続で騎乗した。

【浜中騎手】
「先週も悪くなかったが今回もしっかり動けていた。 出遅れるし、二の脚もつかない。それだけに追い込み一辺倒ではあるが、展開が向いてくれれば」と無欲の末脚勝負を示唆した。



◆ペルシアンナイト
【牡6/池江厩舎】


《24日(水)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
ペルシアンナイトは、CWコースでトゥザクラウン(アハルテケS出走)を追走。しっかり追われて3馬身先着した。初めて騎乗した和田は『以前との比較はできないが悪い癖はないし、あとは当日の気配を感じて乗りたい』と、淡々と口にした。休み明けの安田記念(9着)から中2週での参戦。

【池江調教師】
「叩いて良くなる馬。上積みはあると思う。ただ、コーナーで加速しないタイプだからね」と苦笑い。コーナー4つのコース形態には不安を示した。



◆メイショウテンゲン
【牡4/池江厩舎】


《24日(水)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
メイショウテンゲンは、松山が騎乗。CWコース単走で6F82秒3~1F12秒2をマークした。道中はスムーズに運び、しまいはビシッと気合をつけた。松山はルメールと並び、今年JRA重賞7勝とトップ。

【松山騎手】
「2週乗せてもらったが、ともに良かった。競馬では最後にジリっぽいところがあるがシュッと動けていた。(エンジンの掛かりが遅いタイプだけに)馬場は渋ってくれた方がいい」とタフなコンディションを望んだ。



◆モズベッロ
【牡4/森田厩舎】


《24日(水)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
モズベッロは、坂路でラブスピール(3歳1勝クラス)と併せ馬。追いかける形でラストはピタリ併走。最後はグッと頭差先着。4F54秒5~1F12秒1をマークした。

【森田調教師】
「先週は前(脚)のさばきが少し硬くてケアをした。先週よりはマシかな。レースまでにいい状態に持っていきたい。(前走、天皇賞・春は道中で掛かって7着に敗れた)折り合い面を考えれば、この距離は悪くない。このメンバーでどれだけやれるか」。距離短縮で変わり身を見込む。



◆ラッキーライラック
【牝5/松永幹厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
大阪杯でGI・3勝目を飾ったラッキーライラックは、ウッドで単走追い。長めからしっかり追われて6ハロン79・3―12・1秒と躍動感あふれる動きを見せた。陣営はさらなる成長を口にした。

【松永幹調教師】
「放牧先からさらに良くなっていると聞いていた通り、すごくいい状態で帰厩してきた。ここまで順調に調整ができていますし、馬体も充実してきた感じですね」



《23日(火)朝の表情:栗東》【東スポ】
大阪杯の覇者ラッキーライラックはウッドを軽めに流し、24日の最終追い切りに備えた。

【松永幹調教師】
「1週前にしっかり追った後も順調にきています。跳びが大きい馬で見た目はそう速くは見えないけど、いい時計が出ていましたね。前走後は放牧に出ていましたが、牧場スタッフからここにきてまた感じが良くなっていると聞いていたし、帰厩後も落ち着きがあって成長が感じられる。完成期に入ってますね」



《24日(水)最終追い切り:栗東》【東スポ】
ラッキーライラックは、ウッドで単走。道中から推進力のある走りで、馬なりのまま6ハロン83・2―11・7秒をマークした。

【松永幹調教師】
「放牧先の牧場スタッフから、ここに来てまた感じが良くなっていると聞いていました。帰厩後も落ち着きがあっていい状態ですし、馬体も全体的にボリュームが出てきていて、本番ではプラス体重で出られそう。心身ともに成長が感じられて、完成期に入っている感じです。(馬場については)少々の道悪なら大丈夫かなとも思うけど、やはり良馬場のほうがいいでしょうね」



◆レッドジェニアル
【牡4/高橋忠厩舎】


《24日(水)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
レッドジェニアルは、朝一番のCWコースで元気いっぱい。先行したバルンストック(3歳1勝クラス)を馬なりでわずかにかわしたところがゴールだった。ラスト1Fは12秒1。前走の鳴尾記念は出遅れが痛かったが、直線ではグイグイ伸びて0秒1差の3着。

【中塚助手】
「いつもより活気があった。使って良くなっている。11秒フラットの脚を使える馬じゃないからスタミナ比べになってほしい」と前崩れの展開を希望した。



◆ワグネリアン
【牡5/友道厩舎】


《24日(水)最終追い切り:栗東》【スポニチ】
今度こそ惜敗続きに終止符を打つ。3歳時の神戸新聞杯以来、1年9カ月ぶりの勝利を狙うワグネリアン。昨年の札幌記念以来の芝コースでの最終追いに臨み、5F66秒2~1F11秒6で駆け抜けた。時計そのものは目立たないが、心身ともに◎を与えられるコンディション。

【友道調教師】
「札幌では、いい感じで競馬に行けた。あのイメージでやった」

【騎乗した福永騎手】
「しっかり調教を積めているし、動きも問題なかった。(前走の大阪杯は序盤の位置取り争いに敗れたことが最後まで影響し、不完全燃焼の5着。)2000メートルでは忙しくなってきているので距離が延びるのはいい。以前に比べて瞬発力がなくなっているので好位を取りたい」と積極的な競馬での復活Vを期した。









にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村



単勝・複勝ランキング







《関東馬・美浦》


◆グローリーヴェイズ
【牡5/尾関厩舎】


《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】
昨年暮れの香港ヴァーズを、3馬身半差で圧勝したグローリーヴェイズ。この日は新コンビを組むレーンを背に、僚馬ミトロジー(古馬2勝クラス)と南ウッド5ハロンから併せ馬を行った。5馬身先行するパートナーを目標に進み、一気にペースアップしたのは残り4ハロン地点。外に馬体を併せて一杯に追われ、ラスト1ハロン12・1秒で併入した。5ハロン65・2―50・2―36・8秒の意欲的な攻め馬内容だった。陣営は上々の態勢であることを口にした。

【尾関調教師】
「ジョッキーは思ったより追って渋かった印象だけど、前半に折り合いすぎて離されたし、あれだけの時計で外を回ったら仕方ない。初めての阪神コースがどうかだけど、これで態勢は整ったと思う。疲れを残さず競馬にもっていければ」



《23日(火)朝の表情:美浦》【東スポ】
香港ヴァーズ制覇以来となるグローリーヴェイズは、南の角馬場で体をほぐした後、まずウッドをキャンターで1周。その後に坂路1本の濃密なメニューを消化して、翌日の最終追い切りに備えた。

【尾関調教師】
「先週の段階で470キロ台。重め感はまったくないですが、もうひと絞りが理想なのでウッドと坂路で乗りました。雰囲気はいいですね。久々となる(直線に)坂のあるコースがどうかですが、馬が成長した今、どんな走りができるか楽しみ」



《24日(水)最終追い切り:美浦》【東スポ】
予定したドバイ(シーマクラシック)が開催中止。昨年暮れの香港ヴァーズ以来の一戦となるグローリーヴェイズ。『実戦勘を取り戻すことも意識した』(尾関調教師)との言葉通り、南ウッドでの最終追い切りは3頭併せの真ん中でファイトさせる形となった。先頭にミトロジー(古馬2勝クラス)、2頭目にシャリオヴァルト(障害オープン)の隊列で、3馬身間隔の最後方を5ハロン標からスタート。2頭の間を割った直線は、馬なりで内シャリオヴァルトと併入(外には1馬身先着)。

【レースで手綱を取るレーン騎手】
「先週まで乗ってきてフィーリングは良かった。操縦性が高く、どんな展開も大丈夫」と、昨年のリスグラシューに続く宝塚記念連覇を意識していた。

【尾関調教師】
「内を回った分、時計こそ速かったが、今日は気持ちを上げることを優先。体に余裕はあるが、余力十分に動いていたし、輸送もあるから」



◆トーセンスーリア
【牡5/小野厩舎】


《24日(水)最終追い切り:美浦》【日刊スポ】
「東の上がり馬」トーセンスーリヤは、横山和騎手を背に美浦ウッドで最終追い切りを行った。単走で馬場の真ん中を力強いフットワークで駆け抜けた。直線は鞍上にうながされると、しっかり反応し、最後まで絶好の動きだった。前走の新潟大賞典で重賞初挑戦初制覇。今回はG1初挑戦で58キロと一気に条件は厳しくなるが、その勢いは侮れない。

【横山和騎手】
「(前走は)いろいろプランは考えていたけど、スタートが良かったのでスーリヤのリズムを大事にしました。具合はすごく良かったし、ハンデは54キロだったのですが、それでもまさか結果を出してくれるとは思わなかったというのが本音です。(宝塚記念参戦だが)乗せていただけると聞いて、トーセンスーリヤと一緒に宝塚の舞台に立てるのをうれしく思います。(今朝の感触は)感触も時計を聞いても、新潟大賞典と同じくらいかなと思います。いつもこの子は単走で追い切りをしているので、いつもと変わらないイメージで乗りました。(昨秋からの成長は)調教で怖いくらいに迫力が出てきて、乗るのが憂鬱(ゆううつ)に思っちゃうときがあるくらいです。ただ、競馬では優等生ですよね。ゲートは上手ですし、返し馬も歩いてできています。僕がスーリヤをどうにかしようというよりも、スーリヤと一緒にリズムよく競馬ができれば。今はそのリズムが合ってきていると思います。馬も余裕が出てきているし、間違いなく操縦性は高くなってきていると思います。(距離は)やってみないとわからないところはありますが、今のスーリヤならこなしてくれないかな、と思っています。もともと折り合いが難しい馬だったのですが、そこを四位さん(現調教師)が大事に乗ってくれていたので…、いつも四位さんとそういう話をしていたので、馬とリズムよく走れれば。(レースのイメージは)新潟大賞典のときもいろいろ考えていたが、結果的にゲートを出てから決めたところもあるので、(作戦は)これからいろいろ考えていきたい。(今の気持ちは)この舞台に立てるのが本当にうれしいです。乗り代わりではなく、続けて乗せてもらえるのがうれしいです」

【小野調教師】
「(前走は)条件戦を勝ち上がったばかりで楽しみはあったけど、どんな競馬ができるかなと思っていました。アッサリとクリアしてくれて強かったと思います。(成長した点は)すべてですね。精神的にも肉体的にも、競馬にいっての折り合いもそうです。全体的に成長しました。こんなに早く(重賞を)勝ってくれると思わなかったです。一発クリアだったので、強い馬と戦わせてみたいと思い、すぐに(宝塚記念参戦を)決めました。(最終追い切りは)調整的には前走と同じ過程できていて、放牧を挟みましたが、馬体の緩みもなく、今日もいい動きをしていました。(指示は)先週も速いところをやっているので直線1ハロンを伸ばす感じ。ちょっと(時計が)速かったけど、無理していないですから。(前走以上?)その辺は微妙ですけど、調子落ちということはないです。(阪神芝2200メートルは)合うんじゃないかなと見ています。(馬場は)本当の不良馬場は経験していないし、その辺も含めて挑戦です。(競馬のイメージは)ある程度は正攻法になると思いますが、取り口の上手な馬ですし、カズオ(横山和)に任せています。カズオとは手が合っているので。秋につなげていくためにもこの相手でもいい競馬を期待しています」



◆ブラストワンピース
【牡5/大竹厩舎】


《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】
ブラストワンピースは、主戦の川田を背に南ウッドで同厩ヒラボクハーツ(3歳未勝利)を6ハロンから大きく追走し、ラストは豪快に伸びて2馬身半先着。時計も6ハロン79・7―36・3―11・6秒(一杯)と申し分なく、貫禄の違いを見せつけた。

【大竹調教師】
「併せた相手が3歳未勝利というのもあってジョッキーにしっかりプレッシャーをかけてもらった。体はまだ絞れる余地があるが、来週追ってちょうどいい仕上がりになると思う」



《24日(水)最終追い切り:美浦》【東スポ】
ブラストワンピースは、南ウッドでハルサカエ(古馬3勝クラス)と併せ馬。ゴールまで鞍上の手綱は動かなかったが、1週前に続いて豪快なフットワークで併入(5ハロン67・8―37・4―12・1秒)。帰厩当初は太めに映った馬体も引き締まってきた。

【大竹調教師】
「直線で素早くトップスピードに乗れたように反応が良かったし、トモの状態も明らかに前走(大阪杯=7着)以上。1ハロンの延長はプラス。スタミナ勝負になればチャンスはあるはず」