【ユニコーンステークス. 2020】
【出走予定/注目馬】
【追い切り後/調教師コメント】


【3回東京.6日目】
【2020年/6月21日(日曜日)】
【第25回.ユニコーンS/ G3】
【3歳/別定/ダート1600m】


『ユニコーンステークス. 2020』の『1週前/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。


『ユニコーンステークス』とは、東京競馬場.ダート1600m で行われる、3歳馬によるG3レースです。2001年に6月に移設。7月の『ジャパンダートダービー』の前哨戦に位置づけられています。

過去10年のデータを調べてみると…
1番人気馬の成績は【3-3-0-4】。『優勝馬は、3番人気以内馬から誕生』。又、『連対馬は、10回中9回が5番人気以内馬』でした。




【東スポweb】【www.tokyo-sports.co.jp】
【日刊スポーツ】【www.nikkansports.com】
【スポーツ報知】【www.hochi.co.jp】
【スポニチアネックス】【m.sponichi.co.jp】
【サンスポ.COM】【sanspo.com 】


image



【更新情報】
水曜日・木曜日に行われる注目馬の『最終/追い切り後/調教師コメント』も、今後掲載していきます。
(情報量が多く、形容詞の少ない記事を優先)


《1週前.追い切り》
◆サトノラファール
◆サンライズホープ
◆スリーグランド
◆タガノビューティー

◆アポロアベリア
◆カフェファラオ
◆ケンシンコウ
◆レッチェバロック

《16日(火)朝の表情》
◆メイショウベンガル

◆デュードヴァン
◆レッチェバロック



《関西馬・栗東》


◆サトノラファール
【牡3/中竹厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
サトノラファールの1週前追い切りは、坂路で強めに追われて4ハロン53・8―38・6―12・5秒。しっかりと脚が出ていて、運び自体もスムーズ。状態は高いレベルで推移している。

【柴田助手】
「中間は放牧でリフレッシュできて状態はいい。2走前(1勝クラス=1着)に距離を短縮してから一変したが、その後も馬はどんどん良くなっている。持ち味の末脚を生かすためにも、ペースはある程度流れてくれたほうがいいですね」



◆サンライズホープ
【牡3/羽月厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
サンライズホープの1週前追い切りは、ウッド6ハロン84・1―39・0―11・5秒。鞍上に仕掛けられると一気に併走馬を突き放した。気合も乗って迫力十分の動き。

【秋田助手】
「ゲートが抜群に速いので前走(1勝クラス=1着)もいつも通りの位置から。真面目に走りさえすれば重賞でも通用するはず。マイル、ワンターン、芝スタートと未知数な部分は多いけど、能力のある馬なのでこなしてほしい」



◆スリーグランド
【牡3/高橋忠厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
スリーグランドの1週前追い切りは、太宰を背に坂路で一杯に追われて4ハロン52・4―36・9―12・4秒。行きっぷりがよく、追われてからもしっかりしている。状態は良さそう。

【鵜木助手】
「中間は坂路で楽に好時計が出ているように、状態はすごく上がってきた。近2走の競馬を見てもいい決め手を持っている。マイルに替わる今回は折り合いがカギになりそう」



◆タガノビューティー
【牡3/西園厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
タガノビューティーの1週前追い切りは、ウッド6ハロン81・9―37・1―12・3秒。馬場の真ん中を通って好タイムを出した。パワフルな脚さばきで元気いっぱい。

【西園調教師】
「中間の稽古は動いており、状態は間違いなく上向き。芝でもやれたけど、やっぱり本質はダート。切れっぷりが全然違う。時計的には力上位のはずだし、ここでもヒケは取らない」



◆メイショウベンガル
【牡3/松永昌厩舎】


《16日(火)朝の表情:栗東》【東スポ】
初ダートの1勝クラスで7馬身差の圧勝。適性の高さを示したメイショウベンガルは、坂路を力強い脚取りで駆け上がった。

【松永昌調教師】
「ダートが合うとは思っていたけど、あれほど強い競馬をしてくれるとはね。しかもスタートでつまずいてのもの。マイルに延びても折り合いはつくと思う。あとはメンバーの強い重賞になって、どこまでやれるかでしょう」









にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村



単勝・複勝ランキング







《関東馬・美浦》


◆アポロアベリア
【牡3/武藤厩舎】


《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】
アポロアベリアの1週前追い切りは、南ウッド6ハロンから単走でびっしり追われて83・5―39・9―12・7秒。やや重めの印象だった。このひと追いでどこまで変わるかがカギ。

【武藤調教師】
「転厩後に骨瘤が出て放牧明けになります。馬っぷりはいいし、豊富なスタミナが生きる流れになってくれれば」



◆カフェファラオ
【牡3/堀厩舎】


《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】
カフェファラオの1週前追い切りは、南ウッド5ハロンから追走内で66・5―37・9―11・8秒。最後は熱のこもった追い比べでシャープな伸びを披露。重め感もなく調整は順調そのものだ。

【堀調教師】
「前走(ヒヤシンスS=1着)は冬毛が伸びていた上、体にも張りがなかった。それでも粗削りなレースで勝ったしポテンシャルは相当。中間はゲート練習や砂をかぶせたりなど、稽古でできることをしっかりとやってきた。今は心身ともにまとまってきているので、地に足がついたレースをしてくれれば」



◆ケンシンコウ
【牡3/小西厩舎】


《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】
ケンシンコウの1週前追い切りは坂路で4ハロン55・2―39・3―12・6秒(一杯)。僚馬に2馬身ほど遅れたが、もともと調教は動かない。びっしりやれており、前回(1勝クラス=1着)の状態はキープ。

【佐藤助手】
「前走がなかなかの勝ちっぷりだったし、時計も優秀。重賞で相手は強くなるけど、前走同様にうまく立ち回れれば差はないはず。使いながら体調も上向いてきた」



◆デュードヴァン
【牡3/加藤征厩舎】


《16日(火)朝の表情:美浦》【東スポ】
青竜S勝ちのデュードヴァンは、坂路を軽く駆け上がって汗を流した。東京ダート1600メートルは3戦3勝と相性抜群。ここも一気に突破して重賞タイトルをつかみたい。

【加藤征調教師】
「1月中旬に入厩してから前走までずっと在厩が続いたので、この中間は10日ほど短期放牧へ。穏やかになって帰ってきたが、先週しっかり追ったらまたピリッとして、気持ちの切り替えがうまくいっているね」



◆レッチェバロック
【牝3/藤沢和厩舎】


《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】
レッチェバロックの1週前追い切りは、坂路4ハロン54・3―39・8―13・1秒。馬なりでサッと流した程度だったが、素軽いフットワークでスピード感も十分。ここを目標に好仕上がりだ。

【津曲助手】
「前走(1勝クラス=1着)は余力を残して時計を大幅に詰めた。一気に進歩しましたね。レース内容を考えれば、古馬のオープンに匹敵するくらいのレベルでスピード能力は抜けている。距離延長にも対応できそうだし、ここでも楽しみです」



《16日(火)朝の表情:美浦》【東スポ】
デビューから2戦2勝とまだ底を見せていないレッチェバロック。中間も坂路で入念に乗り込まれてさらなる上昇が感じられるうえに、牡馬に対して2キロの斤量差(54キロ)も有利に映る。

【藤沢和調教師】
「実戦を使いながら馬がだいぶ穏やかになってきたから、初めての距離もこなせると思う。これまではスピードの違いでハナに立ってきたけど、位置取りはこだわっていないよ」