【皐月賞. 2020】
【出走予定/注目馬】
【追い切り後/調教師コメント】


【3回中山.8日目】
【2020年/4月19日(日曜日)】
【第80回.皐月賞/ G1】
【3歳/定量/芝2000m】


『皐月賞. 2020』の『1週前/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。


『皐月賞』とは、ダービー・菊花賞と続く『3歳牡馬クラシック三冠競走』の初戦にあたるG1レースですね。2018年より、5着迄の馬に『ダービー』への『優先出走権』が与えられています。

過去10年(2011年.東京競馬場開催を除く)のデータを調べてみると…
1番人気馬の成績は【3-1-1-5】。1番人気で優勝した3頭は『2010年.ヴィクトワールピサ』『2013年.ロゴタイプ』『2019年.サートゥルナーリア』でした。




【東スポweb】【www.tokyo-sports.co.jp】
【日刊スポーツ】【www.nikkansports.com】
【スポーツ報知】【www.hochi.co.jp】
【スポニチアネックス】【m.sponichi.co.jp】
【サンスポ.COM】【sanspo.com 】


image



【更新情報】
水曜日・木曜日に行われる注目馬の『最終/追い切り後/調教師コメント』も、今後掲載していきます。
(情報量が多く、形容詞の少ない記事を優先)


《1週前.追い切り》
◆アメリカンシード
◆ヴェルトライゼンデ
◆コルテジア
◆マイラプソディ
◆ラインベック
◆レクセランス

◆ガロアクリーク
◆クリスタルブラック
◆サトノフラッグ
◆ダーリントンホール
◆ブラックホール

《14日(火)朝の表情》
◆ヴェルトライゼンデ
◆コントレイル

◆サトノフラッグ
◆サリオス
◆ブラックホール



《関西馬・栗東》


◆アメリカンシード
【牡3/藤岡健厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
アメリカンシードの1週前追い切りは、坂路で一杯に追われて4ハロン53・2―38・9―12・7秒。手応え劣勢ながらしっかり併入に持ち込んだ。馬体の張りも悪くなく順調そのもの。

【仲田助手】
「前走(若葉S=3着)は直線で外の馬にぶつかり、内によれてブレーキをかけていた。それでも最後は伸びているし、能力が高いのは間違いない。難しいところのある馬だけど、真っすぐ走ってくれれば楽しみもある」



◆ヴェルトライゼンデ
【牡3/池江厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
ヴェルトライゼンデの1週前追い切りは、池添騎乗でウッド6ハロン81・7―37・8―11・9秒。テンから飛ばしてラストも一杯に追われる意欲的な攻め。反応も良く叩かれての良化は顕著。

【池江調教師】
「前走後に初めて長めから追った1週前追いは上積みを感じる動きだった。前走(スプリングS=2着)は休み明けとしては悪くない内容。鞍上(池添)は『千八は少し短い』と言っていたので距離延長はプラス。どんな競馬にも対応できるし、この器用さが今回の舞台でも生きると思う」



《14日(火)朝の表情:栗東》【東スポ】
ヴェルトライゼンデは、トライアルのスプリングSで1番人気に支持されながら2着に敗れた。陣営はひと叩きしての変わり身に期待した。

【池江調教師】
「勝っていれば申し分なかったけど、休み明けで少しモタついたし、1800メートルの距離も短かったみたいだね。1週前にしっかりと追い切ったので、直前は軽くやるだけになると思うが、前走よりも良くなっているし、距離が延びるのもプラス。器用さを生かす競馬ができれば」



◆コルテジア
【牡3/鈴木孝厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
コルテジアの1週前追い切りは、ウッド6ハロン82・5―38・5―11・8秒。馬体は大きく変わっていないが、力強い脚さばきで駆け抜けた。気合も乗り好気配続く。

【鈴木孝調教師】
「前走(きさらぎ賞=1着)はいい脚を使ってくれました。中間は馬体も増えて良化しています。落ち着いているので輸送も大丈夫でしょう。相手は強力ですが、ここでどんな競馬をしてくれるか楽しみです」



◆コントレイル
【牡3/矢作厩舎】


《14日(火)朝の表情:栗東》【東スポ】
昨年末のホープフルS勝ち以来の実戦に挑むコントレイルは、1週前のウッド3頭併せで余裕をもって先着。

【矢作調教師】
「しっかりと負荷をかけられたし、動きそのものも良かった。本当に順調だね。最終追い切りはサラッとやるくらいで十分だろう。欲を言えば、もう少し馬体重が増えてほしいところなんだが、そんな馬なので休み明けは気にならない。本質的には合っているとは思わない。府中向きの馬だと思う」



◆マイラプソディ
【牡3/友道厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
マイラプソディの1週前追い切りは、武豊を背にウッド6ハロン81・4―37・0―12・0秒。2頭の内に潜ってスムーズな加速。少し遅れたが、手応えは楽なまま。身のこなしも柔らかで状態面の不安は皆無。

【安田助手】
「順調に乗り込んでいます。見た目の完成度は最初から高かった馬ですから、そう変わった感じはしません。勝負どころで置かれてしまう面が中山でどうなのか…。普通に回れるようならチャンスもあると思います」



◆ラインベック
【牡3/友道厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
ラインベックの1週前追い切りは、ウッド6ハロン83・4―38・8―12・2秒。3歳オープンのジュンライトボルトに1馬身遅れた。少し間隔が空いたせいか、直線反応はひと息だった。

【安田助手】
「以前は非力で線の細さを感じていたんですが、トモがしっかりしたことでバランスが良くなり、それに伴って精神面も大人になった気がします。詰めの甘さがある馬なのでスタミナが生きる流れが良さそうですね」



◆レクセランス
【牡3/池添学厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
レクセランスの1週前追い切りは、ウッド6ハロン82・7―38・2―12・1秒。3頭併せの真ん中で内の馬とともに先着した。大きな上積みこそないが、力強いフットワーク。高いレベルで状態は安定している。

【池添学調教師】
「1週前追いでは折り合いに問題なく、いい動きを見せていました。まだ弱い部分を抱えながらもこれだけ走れているし、レースを使うごとに成長も感じています」









にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村



単勝・複勝ランキング







《関東馬・美浦》


◆ガロアクリーク
【牡3/上原厩舎】


《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】
ガロアクリークの1週前追い切りは、南ウッドで5ハロンから66・7―37・6―12・2秒を馬なりで計時。直線は先行馬を楽々と抜き去る上々の伸びだった。前走時(スプリングS=1着)の好気配を保っている。

【上原調教師】
「1週前はジョッキー(ヒューイットソン)騎乗でしっかりやりました。乗った当人も好感触をつかんでくれた。前走の馬体減は絞れたもので追い切り後も元気いっぱい。相手は強くなるが中山は走り慣れている。コース適性は高いよ」



◆クリスタルブラック
【牡3/高橋文厩舎】


《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】
クリスタルブラックの1週前追い切りは、南ウッドで5ハロン64・8―37・2―12・3秒の好時計。大きく離れていた先行馬を、軽い仕掛けで1馬身抜き去った。

【高橋文調教師】
「まだ反応や気持ちの乗りがもうひとつだが、あと1本で整いそう。体なんかは成熟しているとは言えないけど、前走時(京成杯=1着)より骨格などはしっかりしてきた。コンディションは心配ない。(課題のスタートについても)ゲート練習は積んでいる。GIで流れが違うかもしれないが、馬自身のレベルアップでレースの流れに乗れていいはず」



◆サトノフラッグ
【牡3/国枝厩舎】


《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】
弥生賞覇者サトノフラッグの1週前追い切りは、南ウッド5ハロンから3頭併せの内で最先着。63・5―36・0―12・4秒とA級時計を叩き出した。直線の追い比べではあっさり抜け出す抜群の伸び。さらなる上昇ムード漂う。

【国枝調教師】
「一戦ごとに心身が充実し、前走の弥生賞は力でねじ伏せる強い内容でした。中間は在厩で順調に乗り込んで1週前は迫力ある動きを見せていた。強敵相手にどこまでやれるか楽しみ」



《14日(火)朝の表情:美浦》【東スポ】
弥生賞Vから駒を進めるサトノフラッグは、南の角馬場経由で坂路を軽く1本駆け上がり、翌日の最終追い切りに備えた。

【国枝調教師】
「日曜(12日)も坂路で15―15を乗ったし、ここまでは在厩調整で順調にこれている。レースを使うごとに馬に雰囲気が出てきたし、着実に成長しているね。明日(15日)も(ルメールの代わりに)ライル(ヒューイットソン)が乗って追い切るが、先週しっかりやっているからサッとでいいかな」



◆サリオス
【牡3/堀厩舎】


《14日(火)朝の表情:美浦》【東スポ】
朝日杯FS制覇以来となるサリオスは、坂路を軽めキャンターで駆け上がった。まだ腹回りに余裕があった2歳時と比べ、明らかにスッキリとした体形に変貌。最大のライバルとなるコントレイルと同じくぶっつけ本番となるが、成長度では勝るとも劣らない。ゆったりとした動作から、距離延長もむしろプラスに働きそうだ。

【堀調教師】
「7日の計量で558キロ。息遣いは良好で心肺機能も落ちていません。徐々に本来の行きっぷりも戻ってきました。操縦性が高くて平常心でレースに臨めるので、ペースの緩急にも対応できるのがこの馬のストロングポイントです」



◆ダーリントンホール
【牡3/国枝厩舎】


《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】
ダーリントンホールの1週前追い切りは、南ウッド6ハロンから先行先着で84・8―39・4―12・6秒。時計は平凡だが、大きくて軽さ満点のフットワークで仕上がりは上々。前走時(共同通信杯=1着)から成長が感じられる。

【太田助手】
「先週よりも毛ヅヤが良くなり動きの質も上がっています。道中でコントロールが利けば速い脚を使える馬。まだ成長の余地はありますが、当週までにさらに状態を上げていきたい」



◆ブラックホール
【牡3/相沢厩舎】


《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】
ブラックホールの1週前追い切りは、坂路で僚馬を追走して4ハロン50・5―37・1―12・6秒(一杯)の好時計をマーク。脚色は見劣ったが、ひと追いごとに反応は良化。前回(弥生賞=4着)以上の状態で臨めそう。

【相沢調教師】
「前走はためる形で内容は悪くなかった。やはり位置を取りに行くよりはじっくり運ぶほうが良さそうだね。状態は前走以上。坂路中心の調整に変えたことがいいほうに出てくれれば」



《14日(火)朝の表情:美浦》【東スポ】
弥生賞の4着馬ブラックホールは、意欲的に坂路を2本。順調な仕上がりをアピールした。

【三尾助手】
「1週前は坂路で(4ハロン)50・5秒の好時計。乗った(石川)ユキトも好感触だったし、カイバをしっかり食べている分、バリバリやれている。金、土曜が予報では雨模様なので、できれば雨が残ってタフな馬場になってほしいね」