【ニュージーランドトロフィー. 2020】
【出走予定/注目馬】
【追い切り後/調教師コメント】


【3回中山.5日目】
【2020年/4月11日(土曜日)】
【第38回.NZT/ G2】
【3歳/馬齢/芝1600m】



『ニュージーランドトロフィー. 2020』の『1週前/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。


『ニュージーランドトロフィー』とは、3着迄の馬に『NHKマイルカップ(G1)』の『優先出走権』が与えられるトライアル競走です。




【東スポweb】【www.tokyo-sports.co.jp】
【日刊スポーツ】【www.nikkansports.com】
【スポーツ報知】【www.hochi.co.jp】
【スポニチアネックス】【m.sponichi.co.jp】
【サンスポ.COM】【sanspo.com 】


image



【更新情報】
水曜日・木曜日に行われる注目馬の『最終/追い切り後/調教師コメント』も、今後掲載していきます。
(情報量が多く、形容詞の少ない記事を優先)


《1週前.追い切り》
◆ソウルトレイン

◆オーロラフラッシュ
◆シーズンズギフト
◆ハーモニーマゼラン
◆ルフトシュトローム

《7日(火)朝の表情》
◆カリオストロ

◆アブソルティスモ



《関西馬・栗東》


◆カリオストロ
【牝3/加用厩舎】


《7日(火)朝の表情:栗東》【東スポ】
初の重賞制覇を狙うカリオストロは、軽めの調整で汗を流した。

【加用調教師】
「前走(フィリーズR=4着)は内枠がアダになった。包まれるのが嫌だったので、行き切るまでに脚を使ってしまったからね。幸い使った後も馬は傷んでないし、デキはキープできている。行く馬がいれば控える競馬もできる馬。初めてのマイルがいいほうに出てくれれば」



◆ソウルトレイン
【牡3/西村厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
ソウルトレインの1週前追い切りは、坂路でビシッと一杯に追われて4ハロン54・8―38・6―11・9秒。矢のように伸びた。乗り込みも順調で好仕上がりだ。

【梅内助手】
「放牧から帰厩後もリラックスした感じでいい調整ができています。スッと前につけられる先行力があるし、上手な立ち回りでGIの出走権を取ってほしいですね」









にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村



単勝・複勝ランキング







《関東馬・美浦》


◆アブソルティスモ
【牡3/藤沢和厩舎】


《7日(火)朝の表情:美浦》【東スポ】
アブソルティスモは、新コンビを組む北村宏を背に坂路を1本。前走大敗(ファルコンS=11着)の影響を感じさせない、元気いっぱいの動きを披露した。

【藤沢和調教師】
「中京で勝った時(こうやまき賞)は差す競馬がうまくいったけど、本来は前々でスピードを生かす競馬が合っている。ジョッキーは母(ラドラーダ)にも乗っていて、この馬のことは手の内に入っているからね」



◆オーロラフラッシュ
【牝3/藤沢和厩舎】


《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】
オーロラフラッシュの1週前追い切りは、この厩舎らしく南ウッド5ハロン69・9―39・8―12・8秒と時計は地味だが、きっちりとした馬体で動きも軽快だった。

【津曲助手】
「前走(3歳1勝クラス)はジョッキーが上手に乗ってくれた。前を目標にきっちり差し切ってくれたね。東スポ杯(4着)でも強い相手に差のない競馬をして素質は見せていました。1週前追い切りは余力十分のいい動き。中山コースも経験があるのでチャンスはあるはず」



◆シーズンズギフト
【牝3/黒岩厩舎】


《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】
シーズンズギフトの1週前追い切りは、坂路を馬なりで4ハロン53・7―39・7―12・5秒。数字は目立たないが、気合のこもった走りで行きっぷりも満点。今回もいい状態で臨めそう。

【黒岩調教師】
「前走(フラワーC)は懸念していた外枠がアダ。前に壁をつくれず力み気味の追走になったうえ、外々を回らされてしまったから。それでも3着は力のある証拠でしょう。短期放牧後も順調なのでレースまでに体調を整えたい」



◆ハーモニーマゼラン
【牡3/牧厩舎】


《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】
ハーモニーマゼランの1週前追い切りは、坂路で古馬1勝クラスを追走して先着。4ハロン53・4―37・8―11・6秒の好タイムを余力残しでマークした。ラストの伸びは出色で前回からさらに調子を上げている。

【牧調教師】
「ジョッキーに乗ってもらった1週前追い切りはすごく良かった。厳しい流れの中、最後にひと脚使えた前走(3歳1勝クラス=1着)は強かったし、時計も上々。引き続き同じ舞台だけに楽しみです」



◆ルフトシュトローム
【牡3/堀厩舎】


《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】
ルフトシュトロームの1週前追い切りは、南ウッド5ハロンから単走で67・1―38・5―12・6秒。前走(3歳1勝クラス=1着)時からの大きな変化はないが、落ち着き十分で馬体減りもなし。好状態をキープ。

【堀調教師】
「中間は在厩しての続戦。トモの弱さがウイークポイントなので、しっかりと疲れをとってから調整を開始しました。(3月)31日の計量で495キロ。体はもっと増やしたいところだが、強い攻めをやらなくても能力を出せる馬です」