【フェブラリーステークス. 2020】
【出走予定/注目馬】
【追い切り後/調教師コメント】


【1回東京.8日目】
【2020年/2月23日(日曜日)】
【第37回.フェブラリーS / G1】
【4歳上/定量/ダート1600m】



『フェブラリーステークス. 2020』の『1週前/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。


『フェブラリーステークス』は、1997年にG1に格上げ。前年のマイルチャンピオンシップ南部杯から始まるダートG1シリーズ(MCS南部杯→JBC→チャンピオンズカップ→東京大賞典→川崎記念→フェブラリーステークス)の最終戦ですね。



【東スポweb】【www.tokyo-sports.co.jp】
【日刊スポーツ】【www.nikkansports.com】
【スポーツ報知】【www.hochi.co.jp】
【スポニチアネックス】【m.sponichi.co.jp】
【サンスポ.COM】【sanspo.com 】

image



【更新情報】
水曜日・木曜日に行われる注目馬の『最終/追い切り後/調教師コメント』も、今後掲載していきます。
(情報量が多く、形容詞の少ない記事を優先)


《1週前.追い切り》
◆インティ
◆ヴェンジェンス
◆サンライズノヴァ
◆タイムフライヤー
◆ミッキーワイルド
◆モズアスコット
◆ワイドファラオ
◆ワンダーリーデル

◆アルクトス

《18日(火)朝の表情》
◆インティ
◆モズアスコット

◆アルクトス

《18日(水)最終追い切り》
◆ノンコノユメ



《関西馬・栗東》


◆インティ
【牡6/野中厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
インティの1週前追い切りは、坂路でビシッと追われて4ハロン53・7―39・5―12・3秒をマーク。スムーズに加速できており、馬体の張りも上々。連覇に向けて好仕上がりだ。

【野中調教師】
「中間も順調。前走(東海S=3着)は思っていたより後ろになったが、普通に折り合えて前哨戦としては悪くなかった。ワンターンのマイルはいいし、鞍上(武豊)も左回りのほうがバランス的に乗りやすいと言っている。あとは自分の競馬ができるかどうか」



《18日(火)朝の表情:栗東》【東スポ】
コパノリッキーに続き、史上2頭目のフェブラリーS連覇を狙うインティ。陣営は自信ありだ。

【野中調教師】
「去年と同じ(東海S=3着からの臨戦)過程で、内容的にも動き的にも思い通りにきている。特に先週の追い切りは最近では一番良かった。前走は枠が出てからジョッキー(武豊)とも話して控える形に。結果(3着)は少し物足りなかったけど、前哨戦ということで仕上がりもそれなりだったから。それでも普通に競馬ができたのは収穫だったし、選択肢は広がったね」



◆ヴェンジェンス
【牡7/大根田厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
ヴェンジェンスの1週前追い切りは、幸を背に軽く仕掛けられた程度で坂路4ハロン52・7―38・2―12・8秒の好時計。きびきびと動けており、7歳馬ながら元気いっぱい。

【大根田調教師】
「激走だった前走(東海S=2着)の影響で疲れがいつもより長く残っていたが、日曜(9日)、水曜(12日)の調教では特に問題なかった。もう疲れはないし、いつも通り順調にきている」



◆サンライズノヴァ
【牡6/音無厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
サンライズノヴァの1週前追い切りは、松山を背にして坂路4ハロン50・4―37・3―12・3秒の猛時計。ビシッと追われる意欲的な内容でクリソベリルに先着した。文句なしの動きだ。

【音無調教師】
「トモのはまりがひと息の時期があったけど、昨秋の南部杯(1着)あたりから完全に復調した。ここ2週はクリソベリルよりも動いているくらい。絶好調だよ。前走(武蔵野S=5着)はさすがに強引過ぎた。中団くらいから末脚を生かす形が理想」



◆タイムフライヤー
【牡5/松田国厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
タイムフライヤーの1週前追い切りは、フォーリーを背にウッド6ハロン82・7―37・6―11・8秒。古馬2勝クラスを1秒ほど追走し、最後は楽な手応えで大きく先着。ダイナミックな走りで迫力十分だった。

【松田調教師】
「1週前追い切りは勝つ(可能性がある)ポジションで流れに乗れるかのテストをしました。荒れた時間帯でしたが、簡単にいい時計が出ました」



◆ミッキーワイルド
【牡5/安田隆厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
ミッキーワイルドの1週前追い切りは、北村友を背に坂路を馬なりのまま4ハロン52・9―37・7―12・3秒。タイトな間隔でも速い時計が出せており、上積みをしっかりと感じさせる走り。

【安田隆調教師】
「いくらか余裕残しの体に映った前走(根岸S=11着)は、直線での伸びがもうひとつでした。一度使ったことでどれだけ変わってくるかですね」



◆モズアスコット
【牡6/矢作厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
モズアスコットの1週前追い切りは、坂路を馬なりで4ハロン52・1―38・0―12・6秒。前走後すぐにこの数字はさすがで、それだけ元気のいい証拠。当週のひと追いでさらに上昇しそう。

【宮内助手】
「出遅れながらも差し切り勝ちの前走(根岸S)。初めてのダートで適性の高さを見せてくれました。安田記念を勝っているわけですから、距離はマイルでも問題ない。GIへ向けて調子を上げていきたい」



《18日(火)朝の表情:栗東》【東スポ】
初ダートの根岸Sを快勝し、一気に注目度が上がったモズアスコット。順調な仕上がりを見せている。

【玉井助手】
「キックバックを嫌がったりするだろうなと思っていたんですが、そういった面も見せずに予想していた以上の走りを見せてくれました。金曜(14日)の1週前追いの後も順調にきています。直前はルメール騎手が騎乗してくれる予定ですが、もう速い時計は必要なさそうですよ」



◆ワイドファラオ
【牡4/角居厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
ワイドファラオの1週前追い切りは、坂路で強めに追われて4ハロン53・2―38・5―12・1秒。馬体の張りが良く、ラストの反応もシャープだった。1週前としては上々の内容。

【小滝助手】
「58キロを背負っていた前走(根岸S=5着)は、内容的にも結果的にも収穫の大きいレースでした。調教でメリハリが利くようになっていますし、東京のマイルはこの馬が得意とする芝からのスタート。楽しみな一戦です」



◆ワンダーリーデル
【牡7/安田翔厩舎】


《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】
ワンダーリーデルの1週前追い切りは、坂路で強めに4ハロン54・7―39・6―12・6秒。前走(根岸S=8着)時よりも馬体の張りがアップし、毛ヅヤも良化した。上積みを感じる。

【安田翔調教師】
「久々は気持ちが入ってこないので前走は短い距離を使った。直線はしっかりと脚を使えて収穫はありましたね。調教の行きっぷりから上積みを感じる。自分の形に徹して展開がはまるようなら」









にほんブログ村 競馬ブログ 単勝・複勝へ
にほんブログ村



単勝・複勝ランキング







《関東馬・美浦》


◆アルクトス
【牡5/栗田徹厩舎】


《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】
アルクトスの1週前追い切りは、南ウッド5ハロン67・1―40・2―13・1秒。3頭併せの真ん中で併入ながら脚色は劣勢。動きはひと息の印象で、最終追い切りでどこまで変わるかがカギ。

【栗田調教師】
「ウッドの走りは得意ではないけど、1週前は動く馬と併せて負荷をかけました。以前とは違って、追い切ってもダメージが出なくなっています。東京マイルはいい舞台なので楽しみですね」



《18日(火)朝の表情:美浦》【東スポ】
初のGI挑戦となった前走の南部杯で2着に食い込んだアルクトスが東のエース格。過去〈5・1・0・0〉と抜群の相性を誇る東京ダートなら引き続き侮れない。

【栗田調教師】
「以前よりも体質がしっかりして、中身の濃い調教が積めている。それでいて気持ちにゆとりがあるのもいいですね。大跳びで長く脚を使えるタイプだけに、この舞台はベスト。中央のGIでも」






《地方馬》


◆ノンコノユメ
【セ8/荒山厩舎】


《18日(水)最終追い切り:千葉県印西市・小林分場》【東スポ】
一昨年のフェブラリーSの覇者で、南関東・大井競馬移籍後では初のJRA参戦となるノンコノユメは、1周1100メートルのダートを単走ながら豪快に駆け抜け、馬なりのまま6ハロン79・2―63・2―35・8―11・2秒の好時計を楽々と叩き出した。

【荒山勝調教師】
「東京大賞典(2着)の後は山元トレセンに放牧に出して一旦のんびりさせ、そこから段階を踏んで順調に調整できた。小柄な馬なので緩むこともないし、動きも良かったね。中央では尾上げ(ゲートで尻尾を持つこと)ができないのでスタートに不安は残るが、近走の感じなら大丈夫かな。モマれる競馬でも力を発揮できるようになったのは大きい」